安全管理対策

事故発生時の対応

事故・事件が発生した時は、次のように対応します。

 ◆事故が発生した時は、直ちに部門責任者などに連絡します。

 

 ◆パソコンでウィルスを発見した時は、LANケーブルを外します。

 

    ただし、電源は切らずにそのままにします。

 

 ◆個人情報が外部へ漏えいした時は、外部・内部へ漏えいしたことを勝手に漏らしてはなりません。

 

 ◆事故発生への基本的姿勢は、影響度を最小限にし、二次被害を起こさないようにすることです。

 

 ◆常に、緊急連絡網を把握しておきます。

 

 ◆どんな小さな事故・事件でも、報告します。

 

パソコンの安全管理策

通常、従業員が守るべきパソコンの安全管理策には、つぎのようなものがあります。

 

  ◆パスワードは年2~4回変更します。

 

 ◆決められたパスワード以外のパスワードを使用してはいけません。

 

 ◆パスワード付きスクリーンセーバを設定します。

 

 ◆許可されていないパソコンを持ち込めません。

 

 ◆WinnyやShareなどのファイル交換ソフトをインストールしてはいけません。

 

 ◆許可なく、USBメモリーやCD-Wなどにコピーしてはいけません。

 

 ◆私的に、電子メールやインターネットを使用してはいけません。

 

 ◆指示通りに、セキュリティパッチを適用します。

 

 ◆パソコンを外部に持ち出す時は、許可を得てから行います。

 

 ◆何か異常があった時は、速やかに部門管理者や個人情報保護管理者に連絡します。

 

安全管理策

通常、 従業員が守るべき安全管理策には、次のものがあります。

 

 ◆キャビネットや引き出しは、鍵をかけます。

 

 ◆クリアデスク、クリアスクリーンを実施します。

 

 ◆個人情報の複写・印刷・送信などは、ルール通りに行います。

 

   複写した個人情報も重要な個人情報です。

 

 ◆保管期限の終了した個人情報は廃棄・削除します。

 

 ◆FAXやメールでの送信後は、誤送信がないか確認します。

 

 ◆業務に必要のない個人情報は持たないようにします。

 

 ◆判断に迷う時は、部門責任者に相談して、指示を仰ぎます。

▲ TOP