自社主導のPマーク更新

プライバシーマーク認定は2年毎に更新申請を行なう必要があります。 『自社主導のプライバシーマーク更新』は、貴社において、この2年間で培ったPlan、Do、Check、Actのマネジメントサイクルのノウハウを十分に活用し、貴社主導でプライバシーマーク更新を図るためのものです。

 
 年々上がる審査基準に対して、弊社で対応させていただいた数多くの事例等を基に、効果的に、かつ、効率的に対応させていただきます。
価格 42万円(税込み 本体価格40万円)



 

効果的に、かつ効率的に更新するには・・・

最新の審査結果を踏まえたプライバシーマーク取得のためのテンプレートと比較しながら、自社の規定文書を整備することです。 

 既に、十分なJJISQ15001:2006のマネジメントシステムを実現している貴社では、さらなるステップアップを図るため、最新の審査結果を十分に盛り込み、長年の経験のある当社専門家が作成したテンプレートを参考にして、自社に適した規定文書を短期間に作成することをお勧めします。 

 ◆早い時期から取り掛かることです。

 最近の審査は、ますます厳しい傾向にあります。そのため、申請書を提出してからの書類審査の指摘結果、現地審査の指摘結果、改善報告書の指摘結果などの返答が長引く傾向にあります。

  特に、改善報告書の報告に対する結果が1ヶ月半掛かった例があります。現地審査の指摘事項結果が申請してから3ヶ月半前後掛かることなどを考慮すれば、前倒しにする対処することが必要です。

 ご提供文書:個人情報保護方針、規程文書1冊※、様式45種、補足説明書

訪問回数:4回を標準とします。

サポート日時:月~金 9:00~18:00 土日祭日及び夜間についても相談させていただきます。 

サポート体制:電話サポート、FAXサポート、電子メールサポート

※規程文書は、全ての規程を一冊のまとめた文書と、基本文書と14規程分冊に分けたセットのどちらかを選択できます。



自社主導のプライバシーマーク更新支援内容

kosin090627jisyukousin2.gif

※申請書作成支援、書類審査結果支援は、電話サポート及び電子メールサポートで支援させていただきます。

▲ TOP