Pマーク完全サポート

プライバシーマークを取得したいが、そのような体制がとれない、人がいない、時間がない・・・などの企業様に打ってつけのコースです。

個人情報の洗い出し~リスク分析~PMS作成~社員研修~内部監査・申請実施~審査結果是正を、弊社が主体的に行います。

①訪問回数は特に制限しません。弊社が主体的に行いますので、Pマーク取得に必要な回数分、訪問します。

実績のあるテンプレートを活用し、貴社に必要な規程文書を弊社にて、短期間で効率的に、作成します。

③お客様とコンサルタントの役割・作業内容を事前に明示します。

④Pマークが認定される最後まで、現地審査後の是正改善措置の対応も弊社で行います。

⑤Pマークを取得できない場合は、全額返金いたします。

 価格 168万円(税込み 本体価格160万円)

 

ご提供文書:
個人情報保護方針、規程文書1冊※、様式45種、システム構築説明書(貴社向け)

訪問回数:
必要に応じて訪問いたいます。※

サポート日時:
月~金 9:00~18:00 土日祭日及び夜間についても相談させていただきます。 

サポート体制:
電話サポート、FAXサポート、電子メールサポート

※規程文書は、全ての規程を一冊のまとめた文書と、基本文書と14規程分冊に分けたセットのどちらかを選択できます。

プライバシーマーク取得支援内容
業務内容確認、個人情報の特定
業務内容を確認しながら、個人情報の特定を行います。特に、複製した個人情報や個人のパソコンやUSBメモリーなどの個人情報にも注意を払います。

個人情報保護管理台帳の作成及びリスク分析・管理策の作成
個人情報を特定し個人情報管理台帳の作成に入ります。ここでは、特に何に利用するのか、どのように保管されるのか、委託されるのか、提供されるのかなどが大切です。
個人情報の特定後、リスク分析及びその管理策を策定します。管理策には安全管理対策だけでなく、利用外目的に対する管理策、委託先からの漏えいに対する管理策なども講じる必要があります。
これらの管理策は、規程文書とリンクする必要があります。

規定類および様式の作成
2006年版で特に重要な「取得・利用・提供」の同意、「開示等の権利」への対応について作成します。これは、個人情報管理台帳ともリンクします。
最近特に厳密に審査される「委託先の監督」及び安全管理対策について作成します。リスク分析ともリンクします。
苦情、文書、点検、是正措置及び見直しなどについて、最新の審査状況を踏まえ、作成します。

監査および申請書の作成
内部監査結果についての支援及びJIPDEC提出の申請書についての確認をします。内部監査結果に対する是正措置作成およびマネジメントレビューについても実施します。

書類審査結果対応、実地審査事前チェック
書類審査指摘事項について貴社に適する方法で対応します。また、実施審査を前に、記録類の確認や安全管理対策などの事前確認を行い、実地審査に備えます。

実施審査結果対応
現地審査の結果に対し、貴社に最も適した是正措置を講じられるように対応いたします。

▲ TOP