電子署名法

 電子署名法は、正式名を「電子署名及び認証業務に関する法律」といい、2001年4月1日から施行された。

 内容は、申請書や契約書における署名や実印と同等の効力を、電子署名(デジタル署名)に対し認められている。

 従来からの書面上での申請や契約書による取引だけでなく、電子商取引や電子申請など、電子データによる申請や契約が一般化してきたためである。

 

▲ TOP